研修レポート

Loren Runcie

英会話研修(宿泊・レストラン)

講師:Loren Runcie
受講者:ホテルロコアナハ(株式会社りゅうせき)
実施時期:2016年8月~2016年11月
投稿日時:2017-07-08 09:26:12
【研修概要】
宿泊部門22回、レストラン部門8回の、全30回の英会話研修を行いました。
-研修内容例-
・ 外国人に対する感じの良いあいさつ
・ 予約の取り方
・ 丁寧な表現
・ チェックイン、チェックアウト時の実務英語
・ レストランの接客英語
・ 施設案内、道案内
・ お支払手続き(お金、数字のやりとり)
・ 気持ちのいいお見送り
・ より良いコミュニケーションの為おもてなし英会話
など、ホテル・レストランの業務に合わせたオリジナルのカリキュラムで研修を進めました。

【使用教材】
お客様のご要望をヒアリングした上で、
業務に必要な表現や内容を反映させたオリジナルテキストを主に使用しました。
現場で普段使用している表現や、業務の流れに沿っているテキストなので、皆様から大変好評でした。
これからも現場で「ホテルロコアナハ英語表現集」として常備し、
使い続けていただけることを意識して作成しました。

【研修の流れ】
今回は、初級者に合わせた内容で進めていきました。
はじめの数回は、基本的なあいさつや一般的な日常会話などからスタートし、
数回目から、業務に合わせたより具体的な内容を取り入れ、少しずつ難易度を上げていきました。
毎回豊富な口頭練習とロールプレイ(実践練習)を取り入れ、
座学で得た知識を実践練習する時間を多く取りました。
対応力を身に付けるため、講師がお客様役をやり、
英語で業務を完結する練習を何度も何度も行いました。
時には実際にフロントデスクに立ってロールプレイを行いました。

【参加者の様子】
ホテルロコアナハ様は、昨年度から続き2年目の研修でした。
研修に慣れている方もいらっしゃいましたが、最初の数回は皆様緊張しているようで、
英語で話すことに少し照れくさい様子が見られました。
しかし、実務で取り入れることをイメージしながら、
非常に真剣に参加してくださり、研修が進むにつれて積極性も増していきました。
研修が終わる頃には、皆さん英語での一通りの接客ができるようになり、
自信にもつながったとの声をたくさん頂きました。

フロントやレジでのやりとりのみならず、
宿泊人数や宿泊数等の数字の表現が多いことや、
丁寧な接客英語の習得など、比較的難しい表現も多い研修でしたが、
初級レベルからスタートした皆さんも、
たくさんロールプレイ(実践練習)をこなすことでできるようになりました。

【受講生様コメント抜粋(毎レッスン後の自社アンケートより)】
・ チェックインからカードキーの説明までの一連の流れを英語で話す練習を、
実際のフロントデスクを使い練習できてすごく良かった。
・ 今まで使っていた英文が正しくなかったことに気付けた。
・ フロントでよく使う、お金、数字の表現がとてもためになりました。
・ チェックイン時の案内を一通りスラスラ出来るようになった。
・ カードキーの使い方の説明がすごく覚えやすくて実用的だと思いました。
・ お客様への返答の仕方や、お客様が困っている時の声掛けの仕方が分かりました。
・ ロールプレイをしたので、実際の業務のイメージがしやすかった。
・ 今日習ったことをさっそく実務で使っていきたいです!
・ 外国人ゲストへの英語での対応に自信がついてきました!
・ 実務で使いながら、何度も復習できるのでちゃんと身についている実感があります!
・ どんな質問にも答えてくれてありがとう!
・ 最初の頃に比べてだいぶスムーズにできるようになったと思います。