オキナワマリオットリゾート&スパ

事業概要

事業者名 : オキナワ マリオット リゾート & スパ
業種 : ホテル業
ホームページ : オキナワ マリオット リゾート & スパhttp://www.okinawa-marriott.com/
研修期間 :平成25年10月24日~平成26年1月16日
研修名 : ホテル英語基礎会話・外国人ゲスト対応力現場指導
研修参加人数 : 9名

概要
外国と日本の違いを踏まえた上での接客の仕方を理解し適切表現を習う。外国人に臆する事なく積極的に向き合えるようになる事。ホテル内外での施設で宿泊者に対して快適且つスムーズに案内が出来るようにする。反応・リアクションをしっかりと表現出来るようにする。
座学の様子
座学の様子
研修方法について、講師が意見を出し合いベストな英語表現を如何にして受講者へ伝えてゆくか。文章が完成するまで講師のユウモアある言葉に受講者は写真を見てもらえれば判る通り研修を楽しみながら受講していました。今回の研修で、意味を伝える事が大切であると!!!そうですよね、意味が伝わらなければこれこそ意味が無いですから。
実施の様子
実施の様子
第一回目の研修と言う事もある為か、終始和やかに研修は進められた。又、座学ではなく身体を動かし(ロールプレイ)言葉を発するやり方に座学同様、楽しみ乍研修を受けておりました。
Q. 今回、観光人材語学研修支援事業へ応募したきっかけ(理由)を教えてもらえますか?
A. インターナショナルホテルの為、海外のゲストはホテルスタッフ全員英語が堪能と思って来館する傾向があります。セクション毎に英語で対応出来るスタッフを育てて頂こうと思ったのがキッカケです。
Q. 研修を行って、改善したこと・変化があった事は何ですか?
A. 改善>>事務所内で外国人からの問い合わせが電話であると、英語が話せる者に替わってもらっていたが、研修後は替わる事無く自分で応対する姿勢が現れてきている。 以前、よくヘルプを頼まれた者からの意見。
A. 変化>>受講者の声=前までは外国人ゲストが来ると引いている自分が居たが自分から声を掛けられるようになり聞き取れるようにもなってきたので自信がつきました。
Q. 研修を受けてのご感想や、その他ご案内したいことなどをご記入下さい。
A. 受講者の声=きれいな英語を使う事が大切なのではなく、相手に気持ちを伝える事が大切と感じました。
A. 確実に以前より進んで対応していると思います。どうやって言ったらいいのか、と今まで思っていた事が判るようになったので進んで対応出来るようになりました。
A. 苦手意識はかなりありましたが、習った英語でゲストと話してみたいと思えるようになりました。
担当者
担当者 跡治隆男
跡治隆男