【世界に通用する観光人材育成事業】首里城公園の社内報告会

情報公開日:2014/02/04 情報更新日:2015/07/23 16:06

一般財団法人 沖縄美ら島財団(首里城公園)の社内報告会に行ってきました!!

中国人が喜ぶ沖縄的おもてなし向上研修

世界に通用する観光人材育成事業において、「中国人が喜ぶ沖縄的おもてなし向上研修」を実施している首里城公園の社内報告会を見学してきました。

首里城公園では、中国圏からのお客様の応対をするためにコミュニケーション力(語学力)の向上と、お客様に喜ばれるおもてなしを実践することで、「満足」を超える『感動』の提供を目的に、3つの研修を実施致しました。

 

1.中国語・コミュニケーション基礎研修首里城公園_社内報告会の様子

  中国の基礎的な知識、中国からのお客様の志向・特徴・旅行目的等について講義を行い、代表的な接客用語のレッスンを交え、中国からのお客様をおもてなしするために、必要な知識や中国語会話を学ぶ。

2.台湾現地研修

 中国の基礎的な知識、中国からのお客様の志向・特徴・旅行目的等について事前研修で学んだ知識を踏まえ、台湾人のニーズや習慣、台湾観光地での受入状況を把握するために、政府観光機関や旅行業者、レジャー施設、ホテルなどを訪問し、台湾人に喜ばれるサービスを体験する。

3.中国人観光客との実践コミュニケーション研修

 もてなす側がまずお客さまの習慣や考え方を理解し、さらにどのような応対をすれば、お客さまがより喜んでくださるのか沖縄的“おもてなし”を実現する。

今回上記3つの研修後、社内で報告会を開催し、研修で学んだ内容や成果について、情報共有を行いました。

社内報告会では、まず研修担当者から、自社における課題や研修の意義、必要性に関する説明があり、その後ロールプレイ形式で成果発表を行いました。

ロールプレイでは、実際の接客を想定しながら、実践に即した内容で進めており、アドリブにも臨機応変に応対していました。

最後首里城公園_社内報告会の様子に一人ずつ感想を述べたのですが、皆さんのモチベーションの高さと、短期間の研修にも関わらず、素晴らしい成果を上げていること、学んだ事はすぐに実践し、自分のモノにしていることに大変感銘を受けました。

「まずは一歩ずつ、一人ひとりが出来ることから行動する!」ことが美しい花となり、大きな実になることに新ためて気づかされました。

皆様も「大きな実を収穫できる人材育成の種まきを実践しませんか?」