【平成26年度インターンシップ報告】台北事務所での実習を通して(琉球大学)

情報公開日:2015/01/26 情報更新日:2015/01/26 11:19

インターンシップ実施報告

 

【実施期間】 平成26年12月15日(月)~平成26年12月21日(日) (実働6日間)

【実施場所】 OCVB台北事務所(台湾)

【受入人数】 1名   琉球大学: 屋部 里依さん

 

2014年12月に1名の学生のインターンシップ受入れを行いました。

今回は、学生の希望により、台湾にあるOCVB台北事務所でのみ実習を行いました。

実習を行った屋部さんは、中国での語学留学の経験があり、語学力を生かした台湾市場における「沖縄観光」について考えて頂きました。

今回はその実習内容を報告させて頂きます。

 

【実施スケジュール】

日程 スケジュール
1日目

午前: OCVB台北事務所にて顔合わせ

午後: 観光資料郵送業務

2日目

午前: OCVB台北事務所長と顔合わせ

午後: 事務所周辺の旅行社3社を周り、沖縄観光がどのようにアピールされているか比較。

    (課題として報告書作成)

3日目

午前: 観光資料郵送業務

午後: スタークルーズ社広告会議に同席

4日目

午前: 観光資料郵送業務

午後: 最終課題プレゼンテーションの準備(「沖縄へ卒業旅行」がテーマ)

5日目

午前: 観光資料郵送業務

午後: 最終課題プレゼンテーションの準備

6日目

休日

7日目

午後: 台北マラソンブース出展。観光資料配布の補佐。

 

 琉球大学  屋部 里依さんより

≪実習を通して感じたこと≫

 沖縄観光コンベンションビューロー台北事務所で過ごした1週間は本当にあっというまで、しかし1日1日がとても濃いものでした。

 2014年12月15日から21日まで、私は沖縄観光コンベンションビューロー台北事務所でインターン生として研修を受けました。現在、台北事務所には2名の職員が働いており、私は彼女たちの指導の下、郵送業務の補佐や、旅行会社とのミーティングに参加させて頂きました。事務所内の研修以外にも、周辺の旅行社を周り、沖縄がどのようにアピールされているかを調査したり、研修の最後には「卒業旅行でまわる沖縄」をテーマに30分のプレゼンテーションを行いました。

 台北事務所の林さんと邱さんはとてもパワフルで、2人のパワーに圧倒されながらも楽しそうに仕事をする姿をみて、私自身このように仕事が出来たらなと感じました。また林さんは中国語を、邱さんは日本語を、それぞれ母国語ではない言語を流暢に使い働いている姿はとても素敵で、自分の中国語能力がまだまだであることを痛感しました。一方で大変刺激を受け、海外で働きたい気持ちが更に強くなりました。

 台北事務所でのインターンの経験は、私の「働く事」のイメージを大きく変えました。この経験を活かして、今後就職活動に励みたいです。