【平成26年度インターンシップ報告】キリスト教学院大学/琉球大学

情報公開日:2014/09/09 情報更新日:2014/09/25 09:45

インターンシップ実施報告

image_4.jpeg

 

【実施期間】 平成26年 9月 1日(月)~平成26年 9月12日(金) (10日間)

【受入人数】 5名

         キリスト教学院大学: 比嘉 裕美さん、 久保田 杏里さん

         琉球大学:髙江洲 景子さん、 ユン ソクヒョンさん、 レットゲン モーリッツさん

【主な実施スケジュール】

日 程 スケジュール
1日目

午前 :本社研修(OCVB事業内容/ マナー・接遇/ 歴史・文化)

午後 : 各事業所への事前挨拶

2日目

午前 : 海外事業部 海外プロモーション課

(外国人観光客の受入れの現状・課題、誘致活動について学ぶ)

午後 : 企画総務部 企画広報課

(海外SNS用記事の翻訳チェック対応)

3日目

午前 : 海外事業部 MICE戦略推進課

(MICEの誘致活動について学び、那覇空港にて、観光客を出迎える空港歓迎式へ参加)

午後 : 企画総務部 スポーツチーム

(スポーツツーリズムの取組やプロモーション方法について学ぶ)

4日目

終日: 沖縄コンベンションセンターにて研修

(沖縄コンベンションセンターの施設見学 / 電気・空調等の仕組みを学ぶ)

5日目

終日: 沖縄コンベンションセンターにて研修

(沖縄コンベンションセンターで学生主催のイベントを企画立案・発表)

6日目

終日: 旧海軍司令部壕にて研修

(受付でのチケット販売、売店での接客等)

7日目

終日: 那覇空港観光案内所にて研修

(観光客の方々への観光案内、補助業務等)

8日目

終日: 企画総務部 企画広報課 フィルムオフィス

(市町村ヒアリングやロケハンに同行。市町村ヒアリングでは学生にも質問をしてもらう)

9日目

午前: 企画総務部 企画広報課 多言語コールセンター

(多言語コールセンターの業務内容、実績等を学ぶ)

午後: 国内事業部 受入推進課

(観光タクシーに関する定例会に参加し、事業内容や観光タクシーの課題を知る)

10日目 終日: OCVB本社研修(10日間のまとめ及び課題発表)

 

≪ 実施内容 ≫

今回、キリスト教学院大学から2名、琉球大学から留学生を含めた3名の大学生インターンシップを受け入れました。

沖縄県は観光がリーディング産業であることを再認識してもらい、認識したうえで沖縄観光の現状・課題や問題点を自ら考えてもらうことを目的としました。

実施期間中はOCVBが国内外の観光客を誘致するためにどのようなことに取り組んでいるのか、

また観光客を受け入れる上で、リピーターや更なる誘致に繋げられるよう、満足度を高める為の取り組みについて学んでもらいました。

事前にOCVBで実習を行う目的を志望動機書から汲み取り、各学生それぞれ異なるスケジュールを組んでいます。

実際に空港観光案内所での業務を知りたいという学生には、より深く業務を知ってもらおうと、4日間空港観光案内所にて実習を行いました。

 

今回は琉球大学より韓国出身の学生とドイツ出身の留学生も実習を行い、沖縄における”観光”の実情や課題を見てもらい、

彼らの出身国と比較した上での沖縄の課題について考えてもらいました。

韓国出身のユンさんには、SNS向けの記事を取材を行うところから書くところまで行って頂きました。

◇日本版
https://www.facebook.com/ocvb25

◇韓国版
https://www.facebook.com/VisitOkinawa.kr

 

留学生も含め、今回より沖縄観光の課題について自分自身で考えてもらうために、初日に次の課題を与え、最終日に課題発表会を行いました。

テーマ「沖縄県を訪れる外国人客は、沖縄県を観光する上で様々な問題を抱えています。どんな問題・課題があるのか考え、またそれを改善する為にはどういった方法が考えられるのか発表してもらう」

皆さん、まだプレゼンテーションの経験は少ないらしく、慣れない発表に緊張しつつも、一所懸命自分の考えを熱く発表してくれました。

≪学生発表資料≫

OCVB課題_[キリスト教学院大学] 久保田杏里.pptx

OCVB課題_[キリスト教学院大学]比嘉裕美.pptx

OCVB課題_[琉球大学]髙江洲景子.ppt

OCVB課題_[琉球大学]ユン・ソクヒョン.pptx

OCVB課題_[琉球大学]レットゲン・モーリッツ.pptx

 

今後観光業界で働きたいと夢を語っていた県内出身の学生さんには、今回の実習で得た学び、目標、課題等を今後の就職活動に是非繋げて頂きたいです。

また、留学生は大学に戻り事後学習を経て自国に帰られてしまいましたが、沖縄の魅力を周囲に伝えて頂ければ大変嬉しく思います。また沖縄に帰ってくる日をお待ちしています。

 

10日間の実習お疲れ様でした!